コロナ禍における結婚相談所のニーズの変化

新型コロナウィルスがいまだに猛威をふるっている中、結婚相談所に対するニーズもかなり変わってきました。

具体的にどう変わってきたのか紹介しましょう。

オンラインお見合いの台頭

新型コロナウルスによって外出自粛が求められましたが、この影響は未だに根深く、対面で会話することに対して抵抗持つ人が多いです。

これまでのにお見合いは対面で話をするのが普通でしたが、対面が嫌だと言うニーズに合わせてオンラインお見合いが台頭しつつあります。

オンラインお見合いはズームやSkypeなどのツールを使ってお見合いを行うこと。

インターネットにつながったすまほかパソコンがあれば参加できるので、外出せずに婚活ができます。

なお、結婚相談所がオンラインお見合いを主催する場合はお見合い相手2人と結婚相談所のカウンセラー1人、計3人がだけがチャットできる状況を作り出し、お見合いを行うケースが多いです。

オンライン入会手続きが増加

新型コロナウィルスの影響は、対面での会話に抵抗が出てしまった、と言う点がやはり大きいです。

そのため、結婚相談所も対面を必要としないオンライン入会手続きが増えてきています。

つまりわざわざ結婚相談所に行かなくても、ネット上で手続きをすればそのサービスを受けられるようになったわけです。

そもそも人に会って話すのが苦手な人は、結婚相談の所の手続きすらうっとうしいと思うはず。

そのせいで大事なお見合いのチャンスを逃していたかもしれません。

しかしオンライン入会が普通にできるようになったことでその心理的ハードルが低くなり、お見合いと言うチャンスを得ることができた人は多いのではないでしょうか。

このように新型コロナウィルスによって、結婚相談所に求めるニーズは以前と様変わりしているのです。

今後もいかに対面をせずにお見合いを円滑にできるのかに注力し、サービスをブラッシュアップしていくのではないでしょうか。

お問合せはこちらです。【お問合せ