お見合いが成功しない3つの理由

数回失敗した程度なら「あの人とは縁がなかった」と思えますが、成功しない回数が増えてくると「自分に魅力がないのかも」と落ち込んでしまいますよね。

お見合いが成功せず、不安や苦手意識を感じてしまっている方は少なくないでしょう。

そこで本記事では、お見合いが成功しない3つの理由についてお伝えします。

お見合いで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

理由1.自分ばかり一方的に喋っている

自分のことを相手に知って欲しい思いが強い人、無言が耐えられない人などは、自分ばかり一方的に喋ってしまいがちです。

これでは相手が「次も会いたい」と思ってくれません。

お見合いでは相手の話を聞いて配慮を示した方が、「受け入れてもらえた」という安心感や信頼を与えられます。

理由2.受け身で待っている

一方的に喋りすぎるのも問題ですが、相手の出方を待って自ら喋らないのも問題です。

自分から話題を提供しない、積極的に話さないなど受け身の姿勢が目立つと、相手は「この人は自分に興味がないのかな?」と思ってしまいます。

緊張して話せない癖がある人は、最初に「緊張していて上手に話せないかもしれない」と伝えておくと、無口でも悪い印象をもたれません。

お見合いは「この人と何十年も一緒に暮らしていけるのか」を見極める場でもあるので、積極的に話しかけましょう。

理由3.あっさり別れる

もし相手の方とまた会いたい、もっと話したいと感じた場合はしっかりアピールしましょう。

お見合いのための時間を取ってくれたお礼と共に「ぜひまたお会い出来たら嬉しいです」「まだまだお話したいです」と伝えてみてください。

まとめ

今回はお見合いが成功しない3つの理由をお伝えしました。

お見合い時間は相手を知り、自分のことを知ってもらうにはとても短いです。

その短い時間でどれだけ好印象を与えられるかが成功の鍵になります。

ぜひこの記事の内容を、次回のお見合いを活かしてみて下さい。